東武動物公園【遊園地・動物園・イルミネーション】レポ!春には新アトラクション・新エリア登場

2020年1月10日

関東最大級の東武動物公園は、「ハイブリッドレジャーランド」という名の通り、動物園と遊園地が同時に楽しめ、夏は花火やプール、冬はイルミネーションと、季節や昼夜を問わず見どころが満載。

そんな東武動物公園の見逃せない穴場スポットをご紹介します♪

東武動物公園の園内マップ:http://www.tobuzoo.com/guide/pdf/map.pdf

東武動物公園の基本情報

住所埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110
開館時間9:30~17:00 (季節・イベントにより変更あり)
休館日●1月の火・水曜日
●2月の火・水・木曜日
●6月の水曜日
駐車場3,000台(駐車場料金1,000円)

2020年の春!新アトラクション・新エリアが登場

東武動物公園の遊園地エリアに2020 年春 『秘境に眠る神の遺跡へ、黄金の船が出航!!遊園地エリアリニューアル&新アトラクション 』が登場します。

新アトラクションの「ゴールデンシップ(仮称)」は最高10メートルの高さまで左右に大きくスイングする40人乗りの海賊船型大型ブランコアトラクションです。

また、遺跡をイメージした演出を楽しめる「新プレジャーランド」エリアも登場予定です。

新プレジャーランドは、約5,000 ㎡の敷地内に、破壊された支柱や古びた石板など遺跡風の造形物が設置され、秘境の中を冒険しているかのような雰囲気を味わえます。また、エリア内の随所に暗号などの仕掛けを盛り込み、謎解きイベントなども展開していく予定となっています。

東武動物公園の園内

東武動物公園は、東側の遊園地エリアと、西側の動物園エリアの2つに分かれています。

東ゲートから西ゲートまでの距離は、なんと約2km!

遊園地と動物園、どっちから楽しもうか迷いってしまいますが、今回は、東側ゲートから順番にご紹介します♪

遊園地エリア

東側半分が遊園地エリア。

東ゲートから入った遊園地エリアの入り口には、カバの像がお出迎え。

左後ろに見える巨大なジェットコースターは、「水上木製コースターレジーナ」(老朽化の為2019年8月に運転中止になりました。)

デートに欠かせない脚漕ぎボートも楽しめます。広々とした湖の上でゆっくりと、2人きりの空間をどうぞ。鯉にエサやりもできます。

水に浮かぶメリーゴーランド「カルーセルウォーターリリー」は、まるで馬に乗って水上散歩をしている気分に。

現在楽しむことができる東武動物公園一の絶叫マシーン「新滑空水上コースターカワセミ」。水上をアップダウンしてスリル満点!

スカイウォークと観覧車。空中から公園全体を見渡すのも気持ちが良いです。

雨の日でも楽しめる、ゲームセンターも。プリクラやモグラ叩きなどの体感ゲーム、ガチャガチャも充実しています。

動物園エリア

西側半分の動物園エリアには、約120種類1200頭以上の動物たちがいます。

時間帯によっては、エサやりや、直接触れることができる動物もいるので、絶対に会いたい動物の情報は、事前にHPでチェックしましょう!

東武動物公園の人気の動物たち

まずは、東武動物公園で見逃せない希少なホワイトタイガー。檻の奥にいても迫力満点!インドでは神聖な動物として崇められてきました。おやつタイムには、お肉を食べる姿も見られます。

陸上で最も早く走ることができるチーター。ここでは、飼育係が作ったハンモックがお気に入りで、いつもリラックスして休んでいます。

マングースの仲間のミーアキャット。日向ぼっこをしているのか、敵を偵察しているのか? 直立不動で固まったままの姿が愛らしいです。

口を開けたままお昼寝中のマレーバク。どんな夢を見てるのかな?

フタコブラクダのコブの間にまたがって、記念写真をすることもできます。

お昼寝中のカピバラにいたずらをしているリスザル。運が良ければリスザルを乗せてカピバラが歩く「カピバラタクシー」も見られますよ!

カピバラとリスザルがいる檻の中で一緒に暮らしている鳥・オオサイチョウ。時々わざと人間の頭の上ギリギリを飛んで、驚かせたりします。

「けものフレンズ」のパネルを見つめるフンボルトペンギンのグレープは、「二次元に恋したペンギン」として大人気でした。グレープ亡きあとも、ペンギンコーナーはにぎやかです。

サバンナコーナー

広い敷地には、アミメキリンが、シマウマやエランドと一緒に過ごしています。

グラントシマウマは、自然界でもキリンと一緒にいます。長い首で見張りをしてもらってるんですね。縞模様は、捕食者が追いかける時、遠近感を分からなくするため作戦だとか。

普段はお昼寝をしていることが多いシロサイは、夕方になると動き出します。立派な角と重そうな体が動く姿を狙って見に行きましょう。

ふれあい動物の森

東武動物公園の中で、おとなもこどもも一番楽しめる穴場は、なんと言っても「ふれあい動物の森」!

20種類の動物たちのすぐそばで、貴重な体験ができますよ。

なかなか間近で見る機会がないワオキツネザル。バオバブのオブジェでくつろぐ姿は、自然界にいるみたい。

アルパカのオスとメスの仲良しカップルです。こんなにおっとりして見えるのに、時速40キロで走れるそうです。

そんなアルパカの夫婦から、赤ちゃんが誕生しました。名前は公募で「しらたま」ちゃんに決定! フワフワの毛と、つぶらな目に釘付けです。

思い思いに過ごすヤギたちも元気です! 野生のヤギは岩山を上るのが得意です。ここのヤギたちも、アスレチックにのぼるが大好き。

ポニーに乗って、牧場内をのんびりお散歩できます。おとなもこどもも、ご家族やカップルでも楽しめますよ。

手前のポニーは、世界最小の馬・ファラベラです。奥のポニーと比べると、その大きさの違いが分かりますね。

「森のふれあいハウス」屋内では、ウサギやモルモット、ヒヨコを抱っこすることができます。雨の日でも楽しめます。

餌やりタイム

アフリカゾウのランチタイムも大人気。長い鼻を伸ばして、器用にご飯を受け取ってくれます。

ヒグマは日本最大の陸上動物。立ち上がって餌をもらう姿は迫力がありました!リンゴやサツマイモが大好き。

アクシスシカは白い斑点が綺麗で「世界一美しいシカ」とも呼ばれています。手から直接餌を食べてくれるので、ドキドキ!

お土産・御食事

公園内には5つのレストランがありますが、そのほかにも売店や屋台など数多くありました。

中央レストラン。天気の良い日は外で食べるのも気持ちが良いです。テイクアウトメニューも充実しています。

遊園地エリアにあるG’sレストラン。窓の外には水面が広がり、すがすがしい眺め。

G’sレストランには、お得なバーベキューセットや鉄板焼きメニューもありました。

売店によって、人気のお土産がちがうそうです。たくさん種類があってどれにしようか迷います。

やっぱりホワイトタイガーグッズが大人気。ぬいぐるみやキーホルダー、音が出るおもちゃなどなど。

売店ごとに限定販売のグッズもあります。「ふれあい動物の森」にある売店「わとと」には、ここでしか買えないワオキツネザルグッズがあります。

東武動物公園限定オリジナル「ホワイトタイガー三福(みつふく)だんご」は、1本400円。

トイレの有無、バリアフリー対応など

園内のいたるところにトイレが設けられていて、探して困ることはありませんでした。エリアごとに、動物にちなんだトイレも楽しいです。

ベビーカーも車いすも、快適に移動することができるフラットな園内。バリアフリーの配慮がなされています。

東ゲートから西ゲートまで、園内バスを利用することもできます。約2キロの広い園内を快適に移動できます。

東武動物公園のイルミネーション

11月から冬の間は、イルミネーションが楽しめます。広大な敷地がライトで彩られる風景は圧巻です。

【ドローン映像】ウインターイルミネーション

『ウィンターイルミネーション2019-2020』営業日

【開催日】10/26(土)~2020年2月11日(火・祝)
※10月、11月は土・日・祝日及び埼玉県民の日のみ開催。
※12月、1月1日(水)~1月5日(日)は毎日開催。
※1月6日(月)~2月11日(火・祝)は土・日・祝日のみ開催。

いたるところに、インスタ映えするデコレーションが。夜までスマホのバッテリーを残すように気をつけましょう。

昼とは違う、夜の動物たちの表情も楽しめます。

東武動物公園PRムービー【秋】

東武動物公園の感想

午前中からイルミネーションまで、1日いてもまだ見たりないと思うほど、見所がありすぎる東武動物公園。

年間パスポートを買って毎週末通う人たちが多いのも頷けました。

あなたもお気に入りの動物を見つけて、季節ごとの表情を見に訪れてはいかがですか?

良いとこ・悪いとこ

東武動物公園の良いポイント●遊園地も動物園も、こどももおとなも、お年寄りも、全ての年代の人たちが楽しめる施設になっていました。
●午前も午後も夕方も、それぞれの時間帯で違う良さがありました。季節によってもバラエティーに富んだ楽しみ方ができます。
●バリアフリー対策が徹底していて、ベビーカーも車いすも、快適に移動することができます。
●トイレがどこもきれいでした。
●動物園舎はどこも臭くありませんでした。清潔さが徹底しているように感じられました。
逆に少し気になった点○とにかく広すぎる! 園内を走るバスを利用して移動することもできますが、バス停が3カ所しかないので、活用しにくかったです。歩きやすい靴は必須で訪れましょう。
○屋根のある場所が少ないので、日差しが強すぎる夏には日焼け、防止、熱中症対策の水を持参しましょう。雨や風が強い日には、雨具や防寒などの対策が必要です。
○入場料のほかに、餌やりや体験コーナーでは、別途料金が発生します。数百円のものばかりですが、たくさん楽しめる企画があるので、知らず知らずのうちに追加の出費が増えてしまうかもしれません。

東武動物公園への交通アクセス

電車の場合

電車を使うと、東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)の東武動物公園駅が最寄りです。

東京都内からは、半蔵門線渋谷駅から急行で80分。

大宮駅、柏駅方面からは春日部駅で乗り換えて、それぞれ30分、43分。

土曜日の午前中の東武動物公園駅ホーム。こども連れのグループやカップルが多かったです。

改札口を出ると、東武動物公園方面の出口までの案内が出ています。

駅を出るとすぐに、東武動物公園行きのバスがあります。

土日祝日の日中だと、約10分おきに出発します。大人170円

(曜日や季節によって大きく変わるので、要チェックです!
http://www.asahibus.jp/index.html

駅からバスでは約5分、徒歩約10分で、東武動物公園東ゲート(遊園地側)に到着です。

東武動物公園へ車でのアクセス

圏央道の「幸手I.C.」「白岡菖蒲I.C.」東北自動車道の「久喜I.C.」から20分、

蓮田スマートI.C.から15分の場所にあります。

・西ゲート側(動物園側)には約3,000台停められる駐車場があります。(駐車料金は1日1000円)
・東ゲート側(遊園地側)にも、民間の駐車場がありました。(駐車料金は1日300~500円程度)

<営業時間・料金・割引>

営業時間は季節や曜日によって大きく異なります。

前日までに、HPでチェックしましょう。

http://www.tobuzoo.com/info/

※イルミネーションが見られる12月は20時まで営業。

入園料金は、おとな1,700円、こども700円です。

乗り物の乗り放題もセットになったワンデーバスは、おとな4,800円、こども3,700円。

冬のイルミネーション開催期間中に15時から入園できるイルミネーション料金や、夏のプール料金など、

季節によるお得な各種セット料金もあるので、こちらもくわしくはHPでご確認ください。

http://www.tobuzoo.com/info/charge.html#charge01

東武動物公園の基本情報

住所埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110
開館時間9:30~17:00 (季節・イベントにより変更あり)
休館日●1月の火・水曜日
●2月の火・水・木曜日
●6月の水曜日
駐車場3,000台(駐車場料金1,000円)